片目をつぶってチェック|日本に蔓延する緑内障を撃退しよう|目を大切に

日本に蔓延する緑内障を撃退しよう|目を大切に

このエントリーをはてなブックマークに追加

片目をつぶってチェック

レディー

発見しにくい

年を取るとかかりやすい目の病気の1つに緑内障があります。目の網膜が損傷を受けるために視界の一部が欠けてくる病気です。視野の一部が欠けてくるのならすぐに気がつくだろうと思いがちですが、自分で気をつけてチェックしないと発見が遅れる病気です。それは片方の目の視野が欠けていても、脳で補完するため欠けている事が自分ではわからないからです。緑内障は片方の目で発症します。もう片方の目では全ての景色が見えているため、脳は健康な目で見えている景色を使って欠けている部分を補います。緑内障を早く発見するためには時々片方の目をつぶって、視野に欠けがないか確かめる必要があります。進行性の病気ですが、すぐに治療を受ければそれ以上網膜が損傷するのを防ぐことができます。

毎年検診を受けると良い

緑内障は眼圧が高くなることで視神経が損傷を受けて発症します。目を酷使していたり長時間うつむいて作業をしていると眼圧が高くなるので注意が必要です。また糖尿病や近眼の人はなりやすいことがわかっています。目に負担をかけるのをやめて、目の周りの血流を良くすると緑内障の予防に効果があります。しかし最も良いのは定期的に眼科で目の検診を受けることです。緑内障は良い薬があるので、治療を受けると症状が進行するのを止めることができます。その為には早期発見が何より大切で、視野が欠けるのを最小限にとどめることができます。年をとると目の病気にかかりやすくなるので、緑内障の発症リスクが高まる40歳を過ぎたら毎年検診を受けるようにしておくと安心です。