日本に蔓延する緑内障を撃退しよう|目を大切に

このエントリーをはてなブックマークに追加

目の煩わしい症状

目

飛蚊症とは視野の中にゴミや虫のようなものが見えてしまう症状です。生理的な原因と病的な原因があり、病的な原因の場合、すぐに適切な治療を受ける必要があります。一方、生理的な原因の場合は治療を施さないことが一般的ですので、自分で対策を講じる必要があり、動脈硬化の改善や脳の活性化が対策となります。

Read

日本人に多い絵の病気

女性

毎日健康に生活していけるようにと、誰もが願っています。しかし、体質や加齢、生活習慣など様々な原因から、病気を引き起こしてしまいます。特に高齢になると、様々な病気にかかりやすくなるなど、身体の変化を感じてきます。視力の低下も加齢の1つの症状ですが、視力の低下とは、また違った見えにくさを感じているのであれば、緑内障の恐れがあります。緑内障の特性は、40歳以上に発症が多い目の病気であり、年齢が増すごとに増えていくと言われています。緑内障は眼圧が上がることによって、視神経に障害が出る事によって起こります。日本では、最も多い失明の原因となる病気であり、進行しないと気付かない人も多いのです。そのため、眼科での定期的な検診を受ける事が予防につながります。

緑内障は、目の病気であり、眼科で検査や治療ができる病気です。眼圧が上がることによって起こる病気であり、症状が軽い場合には、点眼薬で眼圧が上がる事を抑える事ができます。他にも、レーザー治療や手術での治療があり、点眼薬で効果が見られない場合に必要となります。しかし、目を手術するとなると、抵抗を持つ人も多いでしょう。そのため、点眼薬で効果がなかった場合、レーザー治療を選ぶ人も多いのです。選ばれる理由は、痛みがほとんどなく、治療時間は短時間で入院の必要がないからです。永久的な効果はありませんが、他の組織を傷つける心配がないため、何度も行う事ができます。点眼薬で効果が見られなかった方や、毎日点眼をするのが面倒という方などに選ばれている治療方法です。

片目をつぶってチェック

レディー

緑内障は目の神経が損傷して視野に欠けがでる病気です。脳が見えている景色を補完するので、片方の目をつぶって確認してみないと視野が欠けているのがわかりません。定期的に目の検診を受けておくと早期発見でき、病気の進行を止められます。

Read

視界にゴミが見える症状

ドクター

視界にゴミのような物が見えたら飛蚊症です。飛蚊症は治療が不要なタイプと、必要なタイプがあります。眼科での検査が必要な理由は、治療が必要か自分で判断するのが難しいからです。視界の浮遊物が増えてきたら、眼科の定期健診を取り入れましょう。検査によって原因がわかり、目の健康を保てるようになります。

Read